フォーラム「新・地球学の世紀」

ページ内ナビゲーション

パン屑ナビゲーション

  1. JR東海トップ
  2. おすすめの情報
  3. フォーラム「新・地球学の世紀」

おすすめの情報

企業文化活動 フォーラム「新・地球学の世紀」

 フォーラム「新・地球学の世紀」ご紹介

46億年前に誕生した地球は現在、エポック・メーキングな激変期を迎えており、「新しいシステムの中での安定した人間圏とは何か」の考察が求められています。そのためには、従来の自然科学、人文科学、社会科学を融合した新しい学問体系、つまり「地球学」の構築が必要なのです。
JR東海は、1996年3月に前身のフォーラム「地球学の世紀」をスタートしました。メンバーには、各界の第一人者である有識者の方々をお迎えし、新たなる知の体系構築のため、さまざまな切り口から議論を深めました。
このフォーラムの模様は、総合月刊誌「WEDGE」誌上において掲載するとともにメンバーの方々による著作物の刊行を通して広く情報発信を行っています。
なお、2007年10月にフォーラムが第120回を迎えたのを期にこれまでの成果を振り返り、現在は、更なる発展を目指してフォーラム「新・地球学の世紀」をスタートさせ、激変を迎える時代において「新しいシステムの中での安定した人間圏とは何か」との考察を提起していきます。

主なメンバー

座長 松井 孝典 氏(千葉工業大学 惑星探査研究センター所長)
副座長 川勝 平太 氏(静岡県知事)
幹事
  • 合原 一幸 氏(東京大学 教授)
  • 斎藤 成也 氏(国立遺伝学研究所 教授)
  • 久保 文明 氏(東京大学大学院 教授)
  • 長谷川 眞理子 氏(総合研究大学院大学 教授)